株式会社トクモト

新着情報


ホウボウ、丸々と肥えてとっても美味しい季節になりました。

白身魚ですので、焼いてあっさりとポン酢を付けていただいても美味しいですが、

もうひと手間加えて・・・

焼いて、昆布出しのきいた鍋に入れるとたまらなく美味しくいただけます。

是非、お試しください。


旬を迎えた、平スズキ。

「スズキか~?」

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

今日とれたスズキは、通常のスズキとは違い

高級魚の平スズキなのです。

魚体の美しさはもちろんのこと、味・香り・旨味の三拍子揃った貴重な種類のスズキです。

通常のスズキは、夏が旬ですが、

この平スズキは、寒くなると脂がのり旬季を迎えます。

とっても漁獲量が少ないため、通常の魚屋さんに並ぶことはほとんどありません。

今日も、わずか3尾だけなのです。

その上、徳島県鳴門市で 「釣り漁法」 でとれたのでピカいちの品です。

写真で、3尾の顔写真をアップで撮りましたが、どの子も素晴らしく甲乙つけがたい

いい顔をしています。

社長が、手で持って「ぐにゃっ」と曲がった写真がありますが・・・

これは、「活かっている」とれたての証なのです。

活きの良い魚は、まず 「活〆処理」をし神経を切断します。

すると、筋肉が硬直しないので写真のように身が柔らかく、クタクタ状態で持っても手からすべり落ちます。

この時に捌くと、お刺身としても身にプリプリとした弾力があり、最上級の鮮度が味わえます。

魚体のまま長時間置いておくと、時間の経過とともに死後硬直がはじまり、魚体がカチカチに固まります。

そしてそれからまた時間が過ぎると、今度は鮮度落ちにより、劣化が進み身が柔らかくなります。

魚の身が柔らかい・・・と言っても、「活かっている」状態と、「劣化」している状態では、

味も香りも肉質も、全く違うのです。

当然、魚が、「活かっている」状態で加工することが出来れば、最高の肉質を保つことができます。

漁法・取り扱い方・・・・などによっても異なりますが、

魚が「活かっている」時間は、短時間です。

お魚嫌いの人に、魚は生臭いのでと言われますが、

どんな魚でも、新鮮で、きちっと処理したお魚には臭さはありません。

この極上の品を、これから生切り一夜干に仕上げます。

お召し上がりの際は、身側に刷毛でオイルをぬって、焼いていただくと身がふっくらとして美味しくいただけます。

これからの時期、わずかですが生切り一夜干に仕上げます。

是非、お試しください。

 

 

 


アオリイカが、美味しい季節になりました。

大きく成長して、肉厚に育っています。

捌くと包丁に、ねっとりと吸いつく感じがあり

焼くと、強い甘味があります。

「たまらないぐらい、美味しい。」

この時期のアオリイカは、一度食べるととりこになってしまいそうです。

イカの王様と言われますが・・・その通り・・・と、うなづいてしまいます。

こんな美味しいイカですが、皮は固めです。

調理した時の、食感の悪さがないように・・・

当社では、全て皮をむき上げます。

写真をご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、ヒレの先まで全てとります。

それから、薄塩味の生切り一夜干に仕上げます。

そのため、とても柔らかく美味しくいただけます。

● 焼いて・・・ そのままOK ・ 酢物の具にもおすすめ

● 炒めて・・・ オリーブオイルを使ってパスタにどうぞ

● 揚げて・・・ 天婦羅は、とっても美味。

冷凍保存していただくと、いつでも簡単にお料理に使えるのでとても便利です。

急な来客へのお料理にもレパートリーがグンと広がります。

是非、旬の味をご家庭でお楽しみくださいませ。

 

 

 


美味しいマナガツオが、ご用意できました。

マナガツオ ファンの皆様、大変お待たせしました。

昨年は、なかなかとれず申し訳ございませんでした。

今年は、とっても良い形のよく肥えた魚が、ご用意できております。

まだまだ、十分な量ではございませんが、

魚の身質・味は、バツグンです。

きっと、お楽しみいただけることと存じます。

お手数ですが、お早目にご予約をお願い致します。

 


いとより鯛が旬季を迎えています。

魚体の美しさは、ピカイチ。

年々人気が高くなり、次々と出荷される糸より鯛は、

身がふわりとして、やさしい美味しさ。

どなたにでも好まれて・・・

最近は、当社の糸より鯛の生切り一夜干を使って

フライパンで、ムニエルや白ワイン蒸しをしてくださるお客様も増え

手軽な調理に、人気です。

一年中あまり極端な味の変動がないため、年中お楽しみいただけるお魚として

ご利用いただいておりますが、秋~冬にかけては魚体の美しさとともに

深い味わいをお楽しみいただけます。


このページの先頭へ