株式会社トクモト

新着情報

真あじ

2014年08月25日


真あじ の美味しい季節になりました。

催事会場などで、皆様に 真あじ の説明をしますと、まず驚かれます。

真あじ・・・は、1種類の魚と思われている方が多いのです。

「真あじ」 は、大きく分けると、キアジ型とクロアジ型に分類されます。

皆様が見てわかりやすいのは、魚の尾を見て下さい。

キアジ型・・・尾が黄色

クロアジ型・・・尾が黒い

上記2種類の中でも、またいろいろと違いがあり分かれます。

そのため、30種類ほどあるのではないか・・・と言われています。

さてさて・・・そこまで行くと見分けがつかなくなりますので・・・

まずは、キアジ型とクロアジ型があることをお伝えしますね。

一般的に、開きとして流通しているアジは、クロアジ型がほとんどです。

これは広く回遊するお魚で、漁獲量の多い真アジです。

対して、キアジ型は、根付きアジとも言われ、

その浜に根付いて育つことが多く、漁獲量も大変少ないのですが、

とっても美味で・・・これぞ、味のアジ・・・

味覚の「味」の語源になった・・・と言うお話しもあるほど

さて、そのキアジ型の真アジが、旬を迎えました。

今は、まだ小ぶりですが、これから日ごとに大きくなります。

小さくても美味しいですよ。

このページの先頭へ